実録!婚約指輪貰った?貰わない?

婚約指輪なしはお互いの納得が必要です。

プロポーズをされて結婚が決まったとき、気になるのは婚約指輪ですよね。なかには、プロポーズのタイミングで婚約指輪が差し出されていた、なんて人もいるかもしれませんが、そうでない人が大半ではないでしょうか。結婚がきまったら、婚約指輪と漠然とイメージを抱きがちですが、資金面で遠慮していたり、そもそも興味がなかったりして貰わない人も多いようです。
女性側が遠慮していた場合、結婚後に「やっぱり欲しかった。」なんて不機嫌になってしまっていては目も当てられません。婚約指輪が給料3か月分なんて過去の話。お互いが(とは言っても特に女性が)気に入った指輪を婚約指輪として貰うのも、幸せな結婚生活を送るための秘訣かもしれません。
婚約指輪なしのカップルは、双方が納得できる理由で婚約指輪なしを選択したいものですね。

やっぱり貰いたい憧れの婚約指輪。

プロポーズをされて自然と婚約指輪を貰う流れになった女性は多いと思います。多くのカップルにおいて、婚約指輪選びには女性の好みが重視されるようですので、貰う側の女性はどこのブランドにしようか、どんなデザインにしようか、嬉しい悩みを解決していくことになります。
結婚雑誌を見ると、今風のデザインから定番のデザインまで多様な婚約指輪が目に入ります。おしゃれな女性なら、今はやりのデザインを既にチェックしていて、貰いたい婚約指輪の候補もある程度決まっているかもしれませんね。今風のデザインも勿論素敵ですが、プロポーズされた年が若ければ若いほど、今風のデザインにこだわり過ぎず、20~30年後にも着けられるかという事を観点に入れてもいいかもしれません。
そして、忘れていけないのが、男性は女性が望む婚約指輪を得るために、多少の差こそあれ自身の資産を切り崩しているということです。貰った婚約指輪に相応しい女性になっていきたいものですね。

プロポーズとは、結婚をしたいと思った二人が結婚への意識を確認するために行う告白のことです。証として婚約指輪などが渡され、ここから結婚式などの準備を始めます。